クシャの日常
ここはクシャさんがいろいろ日記を書いたりします。 モンスターハンターの話題も多いと思いますけどね~。 まぁコメント残したりしてくれると嬉しいですよね~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちわっす!
ちわっす!クシャです!
今回から数回小説的なものでも書きたいと思います。
正直ジョジョとかと被ります。夢物語です。
現実でありえない能力とか平気で出ます。スタンドっぽいです。
あと即席で書きながら作ってるので、矛盾が多いと思います。
まぁとりあえず。ここからスタート。
あ、あとちょっぴしダークかも知れないです。
『・・・ドォーーーン!!!』物静かな夜中、ものすごい爆発音が
あたりに響く。
まさに火の海といったところか。なにかの工場らしき跡は跡形もなく
吹き飛ばされた。
「ま・・・待ってくれ!俺が悪かった!助けてくれぇ!!」
火の海の中心から、叫び声が聞こえる。
「・・・貴様は・・・」
「・・・え?」
「貴様はそうやって命乞いした人間をいったい何人殺した?」
どうやら一方の男は実験と称し何人もの人間を殺してきたらしい。
「さぁ、そろそろお祈りの時間だ・・・」
そういうと、どこからか刀を取り出した。
「ま、待ってくれ!!頼」
「お前の声はもう聞きたくない。捌きを受けろ。」
悪人の男が言い終わる前に、その刀によって首が飛んだ。
「・・・依頼達成だな。帰ろ~っと♪」
さっきとは比べ物にならないテンションで、男が火の海から抜け出した。
刀は持っていなかったようだが・・・
この男、名を「アレミオス・ルーベルグ」と言う。
彼には特殊な能力があった。
「現実と理想(リアルアンドイメージ)」。
その能力とは至極単純、自分のイメージしたものを現実にすることが出来る。
しかし、いくつか条件もある。
1、相手に直接的な影響のあるイメージは、現実にならない。
(例として、『~が死ぬ』、などにイメージ)
2、あまりに現実離れしていても、現実にすることは出来ない。
(自分の姿が変化する、巨大化するなど)
3、実現しうるイメージの中でも、より強大なものはエネルギーの消費が激しい。
条件は以上である。
さっきの刀もこの能力である。
彼は家に着くと、たった一人の肉親である姉の食事を食べる。
彼女の名は、「アドリア・ルーベルグ」。
彼女も、弟同様に特殊な能力を持っていた。


今日はこんなもんで。サイナラ~
スポンサーサイト

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
こんにちは!遊びに来ました!また来ま~す!
2007/06/11(月) 20:20:15 | URL | DRAGON #Fb/ilASU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。